ケネディクス商業リート投資法人

証券コード:3453

文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ大
  1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 投資主利益最大化のためのガバナンス体制

投資主利益最大化のためのガバナンス体制

■資産の取得等が利益関係者取引となる場合における意思決定フロー

資産の取得等が利害関係者取引となる場合には、独立性のある意思決定プロセスで運用します。

資産の取得等が利益関係者取引となる場合における意思決定フロー

■投資主利益と連動した資産運用報酬体系の導入

本投資法人は、1口当たり分配金額に連動させた資産運用報酬体系を導入することにより、投資主と本資産運用会社における利益の方向性の一致を図ります。
1口当たり
分配金額に連動
1口当たり分配金額に連動させた資産運用報酬体系は、本資産運用会社に対して、本投資法人の収益向上を最優先した資産運用を行わせることに資すると考えます。

■本投資法人の成長とケネディクス・グループの利益が一致するビジネスモデル

不動産運用を主たる事業とするケネディクス・グループの受託資産残高の過半がJ-REITの保有資産であり、ケネディクス・グループにおけるJ-REITを中心とする不動産投資信託の運用事業の重要性が高いことから、運用する不動産投資信託の健全な成長はケネディクス・グループにとっても利益が一致するものと、本投資法人は考えています。

ページの先頭へ