ケネディクス商業リート投資法人

証券コード:3453

文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ大
  1. ホーム
  2. 投資法人について
  3. ご挨拶

ご挨拶

執行役員: 渡辺 萌投資主の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は、ケネディクス商業リート投資法人に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本投資法人は、日常生活に必要な商品・サービスを提供し、住宅地またはロードサイド等、日常生活圏に立地する「生活密着型商業施設」に重点投資を行う日本初のリートとして、2015年2月10日に東京証券取引所不動産投資信託市場に上場しました。その後、継続的かつ着実に資産を積み上げ、約6年間で2,400億円を超える安定したポートフォリオを構築しています。

高齢化及び都市圏への人口集中が進行する中においても、生活必需品に対する支出は今後も安定的に推移することが見込まれ、またこれら社会構造の変化及び消費者ニーズの多様化を背景に、商業施設の小規模化・専門店化が進行しています。本投資法人は、専門店を含んだ生活密着型商業施設の需要は今後ますます高まるものと考え、それらの施設への重点投資を通じて中長期にわたる安定した資産運用を目指しております。

一方、IT技術の進展を背景にEコマース(電子商取引)が進展し、消費者に商品を提供するという観点から商業施設と物流施設の垣根が低下しつつあります。小売業を取り巻く環境変化に適応し持続的成長を目指す目的で、本投資法人は2018年6月にポートフォリオの構築方針を変更して投資対象に物流施設を追加しました。

また、本投資法人は上場来、ESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:ガバナンス)への取り組みを重視しており、生活密着型商業施設への重点投資やその積極的な活用を通じて地域コミュニティの活性化や社会インフラの整備への貢献も目指しています。

今後も投資主の皆様からの信頼とご期待に応えられるよう、スポンサーであるケネディクス・グループ及びサポート会社からの幅広いサポートを受けながら、多様なパイプラインによる外部成長機会及び商業施設についての運用ノウハウ等を最大限に活用した成長戦略を推進していく所存です。投資主の皆様におかれましては、今後ともご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ